東京都練馬区練馬の豊島園接骨院です。西武鉄道・都営地下鉄大江戸線豊島園駅の近くです、こちらでは保険診療中心の治療を行なっております。接骨治療(骨つぎ)、けが、捻挫、挫傷、肉離れ、脱臼のほか、交通事故の治療やスポーツ障害、そして一般的にいわれている、いわゆる肩こり(頸部捻挫など)、腰痛(腰部捻挫)、膝の痛み(関節捻挫)などをともなう疾患の治療や痛みを和らげ、そしてまたマッサージをテーピングなども行なっております。また当院ではスパイラルテーピングによる診療も行なっております。

東京都練馬区 豊島園接骨院

診療方針
豊島園接骨院では、患者さんと充分なコミュニケーションをとり、信頼関係を築くことを重要と考えています。様々な疾患や症状、またご都合、ご要望に対応させていただくために、疾患や症状の原因を解明して、適切な治療を実施することを目指しております。
豊島園接骨院オフィシャルホームページ(PC専用)
http://www.limited-park.com/toshimaen-bc/

お知らせ
スマホ用ページがスタートしました。
http://www.town-my.com/smh/toshimaen-bc/
右のQRコードを読み取るとご覧になれます。
または上記URLを入力または転送されるか、yahoo、googleで
「豊島園接骨院 スマホ」で検索してください)

接骨診療
・各種健康保険適用です。
・骨折(骨接ぎ)、捻挫、脱臼、挫傷などの治療
・スポーツ障害(ひざ、ひじ、足腰など)、労働災害、交通事故
・マッサージ、 テーピング療法(スパイラルテーピング、キネシオテープなど)
・そのほか一般的にいう、肩こりや腰痛なども原因を究明して、疾患として治療が必要なケースが多々ございますので、お気軽にご相談ください。
交通事故治療とご相談
交通事故の怪我の治療
一般的には外科や整形外科などで治療を行なわれると思いますが、後遺症が残るケースもあり併行して接骨院にご相談されることをおすすめします。
治療費用
交通事故の治療費用は、多くは被害者側の治療は加害者側の自賠責保険や任意保険などが使われます。さまざまなケースがございますので、交通事故の経緯や内容、症状も含め、事前にご相談ください。
接骨院での治療の有効性
病院や診療所では重篤なケースを除いて治療自体が終わってしまうとそこで診療が終了してしまうこともあります。
接骨院では治療が終了しても痛みが残っている場合や、むち打ち症など重度の後遺症が残っている場合は痛みが和らぐまでさまざまな施術で診療を続け、アフターケアは万全です。何でもお気軽にご相談ください。
慰謝料のご相談
交通事故の被害者の場合、過失割合にもよりますが、相手方(加害者)に慰謝料を請求できる場合があります。まずはご相談ください。
テーピング治療(療法)
スパイラル・テーピング
スパイラル・テーピング療法は患部や体の一部にスパイラル(らせん・渦巻き)状のテーピングを施す療法で、身体のアンバランスによっておこる関節や筋肉の腫れ・痛みなどに対して身体全体のバランスを無理なく整え、痛みを軽減もしくは消失させる効果が期待出来ます。
キネシオテーピング
キネシオテープは筋肉と同じくらいの伸びがあり、患部を固定するのではなく、伸びすぎた、あるいは収縮しすぎた筋肉に沿って貼ります。筋肉の伸びを制限することで、痛みの緩和や予防、そして筋肉の過剰伸びを防ぐことで怪我防止や疲労の回復などの効果が期待出来ます。
往診
当院ではお体が不自由な方や、ご高齢の方、または急な怪我の痛みなどで外出が難しい方のために近隣地域であれば往診による診療を行なっております。
往診可能地域(半径およそ3キロ圏内中心)
練馬区練馬、中村、早宮、向山、桜台、豊玉地区など
※他地域も可能な場合もございますので、ご相談ください。
往診受付時間
原則医院診療時間外(平日の13時〜15時、土曜日15時以降)
対象の患者さん
・ご高齢のため通院が難しい方
・持病や怪我などで腰や足に痛みなどがあり通院が難しい方
・お体の不自由な方
接骨院案内
住所 
〒176-0001 東京都練馬区練馬4-2-10

電話 03-3992-8669
FAX  03-3992-8669
アクセス
・地下鉄大江戸線豊島園駅より徒歩3分
・西武鉄道豊島園駅より徒歩5分
・西武鉄道練馬駅からも徒歩圏内。
 
診療時間
09:00〜13:00
×
×
09:00〜15:00
×
×
15:00〜20:00
×
×
休診日
日曜日・祝祭日

スタッフ紹介
院長:柔道整復師・池田涼太(いけだりょうた)
・昭和58年1月21日生まれ
・柔道整復師免許取得
・桜台接骨院(本院)に4年間勤務
・平成20年豊島園接骨院・院長に就任



ページ上部のイラストはペインターの八ッ田智美さんが当院のために描いたも
のです。 なお書は当院・代表の掛川浩志のものです。